導入事例Case Studies

札幌臨床検査センター株式会社
札幌臨床検査センター株式会社
主な事業
 ・臨床検査事業
 ・調剤薬局事業
 ・食品衛生環境検査事業

導入の背景・課題

臨床検査結果を医療機関へ迅速に報告するシステムは止めることができないためマシンの二重化が必須でした。同社では2006年12月にビーティスの「Bitis HA」の導入を決定し、IBM i の二重化の本番運用を開始しました。

運用面では、オペレーター常設による監視とIBMのメッセージ通知サービスを利用していましたが、「止められないシステム」として現体制より更に強固な監視体制構築を目指していました。

POINT

  • IBM iの二重化は「Bitis HA」により既に実現
  • 業務量・範囲の拡大に伴いマシン停止の影響度が増大
  • 現状に満足せず「止められないシステム」構築を追求

導入の決め手

機能面・セキュリティ面については必要な条件を満たしていたことは当然ですが、一番の決め手はなんと言ってもサービス費用がとても安価な点でした。
IBM iを監視するツールはいくつかありますが、導入・設定支援費用を除いた初期費用が0円、月額1万円程度というのには驚かされました。
この初期投資が非常に少なく、また、システム要件の変化に応じていつでも解約できるクラウドサービス、という点が決め手でした。

POINT

  • サービス費用がとても安価
  • 機能面、セキュリティ面も万全
  • クラウドサービスなので簡単にサービス開始・停止が可能

導入後の効果

いままでの体制に加えて、今回T_Station導入したことで、更に細かいアプリケーションやパッケージの監視、担当者への携帯E-Mailの通知などといった機能を利用することで、更に強固な監視を構築することができました。

T_Stationは、マルチプラットフォームに対応しているため、今後は、IBM iの監視だけではなく、新規で導入したWindowsサーバーの監視も検討しています。
月額5,000円程度の追加でIBM i とWindowsの一括監視が可能になるのは非常に魅力的です。

導入事例一覧へ戻る

トップページへ戻る