導入事例Case Studies

case03 C社

導入の背景・課題

C社では業務データの処理量に対応するため、マシンの追加や削除をしています。
マシンの追加や削除は仮想環境で問題なく行えていますが、マシンの監視システムの管理と費用が問題となっていました。

繁忙期の3ヵ月間のみ監視ツールを導入したい場合など、安く監視ツールを導入できないかと担当者は考えていました。

POINT

  • 繁忙期と閑散期で必要なマシン台数が変わる
  • 繁忙期のみ監視したい
  • 期間を区切って監視ツールを利用したい

導入の決め手

T_Stationは月額課金なので、必要な期間のみ利用できるのが一番の決め手です。

導入時の初期費用がかからず月額単位での課金のため、必要な期間・台数のみ利用できるのは便利です。

エージェントの導入が簡単なので、自社で導入をできるのが便利ですね。

POINT

  • 月額課金での課金
  • 1台単位での課金も可能
  • 導入が簡単

導入後の効果

繁忙期前にT_Stationを必要なマシンや区画にだけ導入することで、監視ツールのコストを削減することができました。

繁忙期では特にマシンが止まる事への影響が大きい為、監視ツールは必須でしたが、T_Stationはまさに理想の使い方ができるツールです。

新しいマシンを追加した際もセットアップの時間を短縮でき、人的コスト削減にもつながりました。今までは、外部に導入を委託していましたが、自社で導入することでスケジュール調整などの手間もなくなりました。

導入事例一覧へ戻る

トップページへ戻る